From Freedom To Liberty


From Freedom To Liberty
「束縛からの自由(Freedom)」から「束縛される自由(Liberty)」へ

皆さんは今の自分に満足していますか?
きっとほとんどの人が満足していないと思います。

多くの人が「なりたい自分になる」ことを諦めていたり、「本当にやりたいこと」を見つけることができずにいます。たとえ「本当にやりたいこと」が見つかったとしても、様々な束縛を感じ実行できずにいる場合が多いと思います。

「なりたい自分」なったり、「本当にやりたいこと」をするためには、何よりも「自由」にならなければなりません。

実は「自由」になるためには、2つの「自由」があることを知っておく必要があります。
その2つの自由とは、フリーダム(Freedom)とリバティー(Liberty)です。

フリーダム(Freedom)は「~からの自由(freedom from)」というように束縛から自由になることです。束縛は時間や場所などの物理的な束縛だけでなく、心の束縛である情報的な束縛も含みます。「束縛から自由になる(Freedom)」、これが真の自由を得るための第一弾です。

次にリバティー(Liberty)とは「~をする自由(Liberty to)」というように、起点を、つまり束縛されるものを自ら選ぶことです。これが第二弾の「束縛される自由」です。自分の意思で束縛されるものを選ぶということです。

「束縛から自由(Freedom)」になり、改めて自分で「束縛されるものを自由に選ぶ(Liberty)」のです。この自由(Liberty)を得て、初めて人は本当の幸せを手にすることが出来ます。自由意志(Free will)の獲得といってもいいでしょう。

リバティーコーチングが目指すものは「世界中の人々を自由(Liberty)にすること」です。

世界中の人々がLibertyの状態になり、自己責任の基に自由意志で行動することができれば「戦争と差別の無い世界」さえ実現できると確信しています。


リバティーコーチング株式会社
 代表取締役 田島大輔